希望の党、1次公認190人
衆院選候補、きょう発表へ

 希望の党(代表・小池百合子東京都知事)は3日、衆院選(10日公示―22日投開票)の第1次公認候補について、民進党出身者100人程度を含む190人前後とする方向で調整に入った。午後に名簿を発表する。枝野幸男元官房長官が結成を表明した「立憲民主党」は、都選挙管理委員会を通じて総務相に新党設立を届け、受理された。全国規模での擁立を目指す。民進党からは、新たに辻元清美、近藤昭一両前衆院議員が参加を表明するなど、合流の動きが相次いだ。

 立憲民主党に加わった長妻昭元厚生労働相は「調整を急ぎ、全国で擁立したい。仲間を増やし、勝利を目指して前に進む」と記者団に述べた。

【主要】【政治】

アニバーサリーキャンペーン