鈴木宗男代表が出馬表明
新党大地、比例北海道

 政治団体「新党大地」代表の鈴木宗男元衆院議員(69)は6日、札幌市で記者会見を開き、衆院選で比例北海道ブロックから大地の名簿1位で出馬すると正式に表明した。小選挙区で自民、公明両党の候補者支援を明言。「自公政権のために汗をかきたい」と語った。

 鈴木氏は2010年9月に受託収賄罪などで実刑判決が確定し、衆院議員を失職した。同12月に収監され、1年間服役。今年4月末に公民権が回復した。

 一方、長女の貴子前衆院議員(31)は自民の比例北海道ブロックで出馬する。比例票が割れる恐れがあるとして、道内の自民の一部からは不満の声が上がっている。

【政治】

アニバーサリーキャンペーン