首相、新党ブームを批判
「混乱と停滞もたらす」

 安倍晋三首相(自民党総裁)は6日、共同通信社のインタビューで、希望の党、立憲民主党などの新党が相次いで誕生したことを巡り、日本新党などの「新党ブーム」や2009年の民主党による政権交代時を引き合いに出し、批判した。「政治の混乱と経済の停滞をもたらした」と述べた。

 民主党が政権交代前後に掲げていた子ども手当や高速道路無料化に触れ「無責任な議論がまかり通った」と語った。

 衆院選に臨むに当たっては「地道、誠実、愚直に政策を訴えて戦い抜く」と表明。「一過性の劇場に終わらせるのではなく、最後まで大切なことを実行し、結果を出す」と宣言した。

【政治】

アニバーサリーキャンペーン