安倍首相10月訪中で一致
習氏「歓迎」と表明

 【ウラジオストク共同】安倍晋三首相は12日午前(日本時間同)、中国の習近平国家主席とロシア極東ウラジオストクで会談した。首相が日中平和友好条約の発効40周年となる10月23日の訪中を視野に入れていることを踏まえ、首相訪中の調整を進め、首脳間の相互往来を加速させることで一致。習氏は首相の訪中を歓迎すると表明した。北朝鮮の非核化での緊密連携や、中国の経済圏構想「一帯一路」を巡る第三国での協力を進める方針も確認した。

 首脳往来を巡り、首相は来年6月の大阪での20カ国・地域(G20)首脳会合に合わせた習氏の来日を想定している。

【主要】【政治】