玉城氏、辺野古移設の反対を表明
首相「負担軽減へ結果出す」

 安倍晋三首相は12日、沖縄県の玉城デニー知事と首相官邸で会談した。玉城氏は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設について「今回の選挙で辺野古新基地反対の民意が示された」と述べ、反対を表明した。首相は「県民の気持ちに寄り添いながら、基地負担軽減に向け一つ一つ着実に結果を出す」と強調した。玉城氏の知事就任後、両氏による会談は初めてで、菅義偉官房長官も同席した。

 玉城氏は4日に就任したばかり。翁長雄志前知事の際は、首相と官房長官が約4カ月にわたり会談を拒んだため、反発を浴びた。政府は早期の会談に応じることで、低姿勢で臨む方針をアピールする狙いがある。

【主要】【政治】