ドーピング、ロシア不正の新情報
WADAが入手、五輪参加影響も

 【ジュネーブ共同】世界反ドーピング機関(WADA)は10日、ロシアの国ぐるみのドーピング問題で、不正を認定した調査チームのマクラーレン報告書を裏付ける新たな情報を入手したと発表した。来年に控える平昌冬季五輪・パラリンピックへのロシア選手団の参加可否で、国際オリンピック委員会(IOC)や国際パラリンピック委員会(IPC)の判断に大きな影響を与えそうだ。

 WADAによると、独立調査部門が2012年1月から15年8月にモスクワの検査所で実施された検査の全データが入っているとみられる電子ファイルを手に入れた。

アニバーサリーキャンペーン