平昌日本代表が薬物検査で陽性
暫定で資格停止、選手村を退去

 【平昌共同】スポーツ仲裁裁判所(CAS)の反ドーピング部門は13日、平昌冬季五輪のスピードスケート・ショートトラック男子代表、斎藤慧選手(21)=神奈川大=が競技会以外のドーピング検査で、利尿作用のある禁止物質「アセタゾラミド」に陽性反応を示し、暫定で資格停止にしたと発表した。

 本人は禁止薬物の摂取を否定したが、反証の材料がないため処分を受け入れ、選手村を退去した。今大会で初の処分。CASは審理手続きを継続し、大会後に最終的な裁定結果を出す。

 違反が確定すれば、冬季五輪の日本勢では史上初となる。