バスケ4選手の代表認定取り消し
アジア大会中、公式ウエアで買春

 【ジャカルタ共同】ジャカルタ・アジア大会のバスケットボール男子日本代表が公式ウエアで市内の歓楽街を訪れるなどした問題で、日本選手団の山下泰裕団長は20日、現地で記者会見し、買春行為があったとして、いずれもBリーグの永吉佑也(京都)橋本拓哉(大阪)今村佳太(新潟)佐藤卓磨(滋賀)の4選手の代表認定を取り消したと発表した。

 4選手は選手村を退去し、同日早朝に帰国の途に就いた。事実上の選手団追放となる。またしてもスポーツ界で不祥事が発覚し、山下団長は「大変なご迷惑をかけた。期待を裏切ってしまって申し訳ない」と謝罪した。

 男子代表は残る8選手で大会に参加する。