核禁止条約参加しない
北朝鮮大使「米も拒絶」

 【ニューヨーク共同】北朝鮮の慈成男国連大使は6日、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)が制定に向け尽力した核兵器禁止条約について「北朝鮮を核で威嚇している米国が条約を拒絶しているため、北朝鮮も条約に参加しない」と述べ、米国が条約に署名・批准すれば北朝鮮も参加を検討する可能性に含みを残した。

 国連総会第1委員会(軍縮)で演説した。慈氏は「核兵器の完全廃絶という点には賛同している」と一定の理解を示した。

 北朝鮮の核兵器や弾道ミサイル開発を米国などとの交渉材料にはしないとの姿勢を強調。ICANのノーベル平和賞受賞決定には直接言及しなかった。

【国際】