習氏、緊張緩和への努力を要求
米大統領と電話会談

 【北京共同】中国中央テレビによると、習近平国家主席は16日、トランプ米大統領と電話会談し、韓国と北朝鮮の両国間で行われている協議を念頭に「朝鮮半島情勢に前向きな変化が出ている」との認識を示した。その上で「(緊張)緩和の流れを継続させていかなければならない」と述べた。

 習氏は、北朝鮮問題で米国を含む国際社会と連携していくと強調。トランプ氏も「中国の重要な役割」を重視し、中国との協力を強化する姿勢を示したという。

 また習氏は「互いに両国の市場開放を推し進め、貿易問題を適切に解決すべきだ」と主張した。

【国際】