米、20年までに宇宙軍創設
政権計画、中ロに対抗、曲折も

 【ワシントン共同】ペンス米副大統領は9日、2020年までに宇宙軍を創設する計画を国防総省で発表し「米国は宇宙で優位性を確保しなければならない」と宣言した。宇宙空間を陸海空に続く「新たな戦場」と位置付け、衛星攻撃兵器の開発などを急ぐ中国やロシアに対抗する狙いがある。

 宇宙軍を陸海空軍や海兵隊、沿岸警備隊と同格の「第6の組織」とする方針。独立した新たな軍が実現すれば1947年の空軍創設以来となる。新軍の創設には米議会の同意が必要だが、議会や軍では膨大な予算への懸念などから反対論が根強く、曲折も予想される。

【主要】【国際】