台湾、エルサルバドルと国交断交
蔡政権下で5カ国目

 【台北、北京共同】台湾の呉ショウ燮外交部長(外相)は21日、同日付で中米エルサルバドルと断交したと発表した。中国とエルサルバドルは同日、北京で外交関係を結び、国交を樹立するための文書に署名した。台湾独立志向の民主進歩党(民進党)の蔡英文政権が2016年5月に発足して以降、台湾との断交は5カ国目。

 台湾と外交関係のある国は17カ国と過去最少になり、国際社会で台湾を孤立させる中国の戦略が際立っている。

 呉外交部長は「(エルサルバドルは)港湾建設で台湾に多額の資金を求めていた」と明らかにし、中国による資金支援があったとして「金銭外交」を非難した。

【国際】