増田祐士選手
増田祐士選手

 全国高校総合体育大会(インターハイ)は13日、福井県営体育館でボクシングを行い、ウエルター級決勝を増田祐士選手(18)=開志学園高3年=が判定で制し、初優勝した。

 今大会の新潟県勢の優勝者は2人目。ボクシングの新潟県選手の優勝は、2017年のミドル級の近藤陸選手(開志学園)以来。

 増田選手はカウンターを中心に有効打を重ねて、着実にポイントを稼ぎ、大差で判定勝ちを収めた。

 3月の全国高校選抜特別大会でもウエルター級を制しており2冠を達成。「もっと的確にパンチを当てられるようになり、国体で3冠を目指したい」と話した。