碁聖戦第4局で一力遼碁聖に勝利した井山裕太三冠=17日、新潟市中央区の新潟グランドホテル
碁聖戦第4局で一力遼碁聖に勝利した井山裕太三冠=17日、新潟市中央区の新潟グランドホテル

 囲碁の一力遼碁聖(24)に井山裕太三冠(32)が挑戦している第46期碁聖戦(新潟日報社など主催)5番勝負の第4局が17日、新潟市中央区の新潟グランドホテルで打たれ、午後7時13分、198手で井山三冠が白番中押し勝ちし、対戦成績を2勝2敗のタイとした。

 若手棋士を代表する一力碁聖と、第一人者の井山三冠の注目の一戦。井山三冠は1勝2敗と後がない対局だった。

 序盤はがっぷり四つの展開で、緊迫した状況が続いた。中盤以降、井山三冠が優位に立つと、鋭い手を連発。一力碁聖が終盤に反撃を試みたものの、井山三冠は気を緩めることなく白星をつかんだ。持ち時間は各4時間。残りは共に1分だった。

 決着を最終局に持ち込んだ井山三冠は「最後になっていけるかなと思った。ひとまず最終局を打てるのがうれしい。コンディションを整えて精いっぱいやりたい」と、ほっとした様子で語った。

 一力碁聖は「手順を尽くしたが、良くなるまで大変だった。最終局は精いっぱい後悔のないようにやりたい」と語った。

 最終第5局は29日、東京都千代田区の日本棋院東京本院で行われる。