感染力が強い「デルタ株」がはびこる中、国内では新型コロナウイルスの新たな変異株「ラムダ株」の感染者が初確認された。

 ラムダ株はペルーなど南米で広がっており、ワクチンの効きが悪い恐れがあるとも指摘される。

 気になった。ラムダとは一体、何番目の変異株なのだろう。

 世界保健機関(WHO)が命名するのは、警戒レベルが「懸念すべき」または「注目すべき」とされる変異株に対してだ。

 当初は、発生したとみられる…

残り377文字(全文:610文字)