新潟-相模原 後半6分、MF谷口がシュートを決め、2-1=22日、ビッグスワン(写真映像部・渡辺隼人撮影)
新潟-相模原 後半6分、MF谷口がシュートを決め、2-1=22日、ビッグスワン(写真映像部・渡辺隼人撮影)

 明治安田J2第26節最終日は22日、デンカビッグスワンなどで7試合を行い、アルビレックス新潟は相模原に2-1で逆転勝ち。東京五輪による中断期間を挟み、4試合ぶりの白星を挙げた。通算成績は14勝8分け4敗の勝ち点50で、順位は3位のまま。

 前半は敵陣内でのプレーが多く、右サイドを中心に攻め込んだ。29分に一瞬の隙を突かれて失点したが、32分、右クロスのこぼれ球をMF福田が蹴り込んで追い付いた。

 後…

残り1145文字(全文:1362文字)