新潟県と新潟市は25日、新たに159人の新型コロナウイルスの感染を確認したと発表した。1日当たりの感染者数としては、19日の132人を上回り、過去最多を更新した。県内の感染者は6191人となった。新規感染者のうち、20歳未満は51人と約3割を占めた。高校の部活など各地でクラスター(感染者集団)が発生しており、県は警戒を強めている。

 長岡市の帝京長岡高校は部活動でクラスターが発生しており、同市では過去最多の35人の感染を確認した。上越市も過去最多となる12人だった。

 帝京長岡高校によると、25日までに二つの部活動で計30人の新型コロナウイルス感染が判明したため、29日まで休校する。

 県内で過去最多の感染者が確認されたことについて、花角英世知事は25日、妙高市内で報道陣に「まん延防止等重点措置の適用要請するかどうかのぎりぎりのところにいる。明日明後日の感染状況を見る必要があると思うが、さらに危機感が高くなった」と話した。

◆感染経路不明は55人

 県と新潟市によると、25日に確認された159人のうち感染経路不明者は55人に上った。感染者は2日連続で100人を超え、5日連続で前週の同じ曜日の人数を上回った。

 県は新たな集団感染として、長岡保健所管内の学校の部活動関連(計15人)、新発田保健所管内の学校関連(計7人)を公表した。

 これまでに発生した集団感染は25日までに、新津保健所管内の社員寮関連が計47人、聖籠町の児童クラブ関連が計13人、長岡保健所管内の部活動関連が計12人、三条保健所管内の会社関連が計9人、十日町保健所管内の飲食店関連が計9人、新津保健所管内の会社関連が計8人となった。

 県感染症対策・薬務課の星名秋彦課長は「大きなクラスター(感染者集団)が発生し、出張や帰省など県外由来も多い。感染者数は上り階段の傾向が続いており、頂点が見えない」と述べた。

 25日の感染者の内訳は次の通り。

【市町村】新潟市57人(中央区23人、西区14人、江南区、秋葉区各5人、東区4人、南区、北区、市内滞在中各2人)、長岡市35人、上越市12人、五泉市10人、燕市6人、柏崎市、十日町市、聖籠町各5人、三条市、三条保健所管内(市町村非公表)、新発田市滞在各4人、新発田市、阿賀野市、各3人。小千谷市2人、加茂市、糸魚川市、十日町市滞在、湯沢町滞在各1人。

【年代】10歳未満5人、10代46人、20代32人、30代17人、40代26人、50代25人、60代5人、70代2人、80代1人。