東京五輪を振り返る競泳男子代表の水沼(新潟医福大職)=26日、新潟医福大
東京五輪を振り返る競泳男子代表の水沼(新潟医福大職)=26日、新潟医福大

 東京五輪競泳男子代表の水沼尚輝(新潟医福大職)が26日、新潟市北区の新潟医福大で会見を開き、男子400メートルメドレーリレーで6位入賞を果たしたことに、「日本の底力で日本新をつかめた。そのメンバーでいられたことは貴重な経験」と心境を語った。

 会見には代表コーチを務めた水泳部の下山好充監督も同席した。

 準決勝で敗れた100メートルバタフライについて、肩の痛みへの不安などから「理想の泳ぎに体がついて…

残り445文字(全文:662文字)