ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは28日、群馬県の高崎市城南球場で群馬と対戦し、1-7で敗れた。

 新潟は七回に打者12人の猛攻を受けて逆転され、3連敗。

 先発田村は六回まで2安打に抑える好投を見せたが、七回に1死一、三塁とされて降板。継投した海老塚と古田が計6長短打を浴び、この回に一挙7点を献上した。

 打線は四回2死二塁から、松島の適時打で先制した。しかし、その後は散発2安打で好機を…

残り254文字(全文:479文字)