東京パラリンピックでレース後に抗議があった競泳女子50メートル自由形(視覚障害S11)決勝について、大会組織委員会は28日、再レースを29日午後7時18分から実施すると発表した。国際パラリンピック委員会(IPC)によると、4位だったオランダ選手と2位に入った中国選手に、コースロープを挟む形で接触があり「パフォーマンスに影響があった」と認定した。

 自身のレーンを泳ぐ競泳では選手同士の接触はまれで、…

残り353文字(全文:562文字)