新潟県と新潟市は2日、新たに64人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1日当たりの新規感染者は、5日連続で100人を下回った。県内の感染者は6907人となった。

 新学期が始まり学校での感染拡大が懸念される中、10代以下の患者が15人と全体の約4分の1を占めた。県庁で会見した県福祉保健部の松本晴樹部長は「幼児や小中高校生の保護者は、子どもに発熱などの風邪症状があった場合、すぐに受診・相談センターに連絡するか医療機関を受診してほしい」と呼び掛けた。

 感染者の内訳は次の通り。

【市町村】新潟市24人(中央区8人、東区6人、秋葉区3人、江南区、北区、西区各2人、市内滞在中1人)、長岡市8人、五泉市6人、聖籠町4人、加茂市3人、妙高市、燕市、三条市、糸魚川市各2人、十日町市、見附市、阿賀野市、柏崎町、魚沼市、新発田市、上越市、阿賀町各1人、三条保健所管内(市町村非公表)3人。

【年代】10歳未満10人、10代5人、20代11人、30代14人、40代12人、50代、60代各4人、70代1人、80代2人、90代1人。