目が見えない中で泳ぐとはどんな感じなのだろう。

 プールに入って目をつむり、クロールをしてみる。怖いのを少し我慢して進むと、案の定、大きく曲がってコースロープに腕が当たってしまった。

 何回か繰り返していくうちに、感覚の変化に気が付いた。目から入ってくる情報がないせいだろうか、水の音がよく聞こえる。それが心地よい。

 東京パラリンピックの競泳女子自由形などで入賞した視覚障害者の石浦智美さん(上越市出身…

残り356文字(全文:581文字)