新潟県と新潟市は3日、新たに39人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。このうち感染経路不明は12人。1日当たりの新規感染者が50人未満だったのは8月2日(31人)以来で、約1カ月ぶり。県内の感染者は6946人となった。

 直近1週間(8月28日~9月3日)の感染者数は494人と、前週(8月21~27日)の811人から約4割近く減った。

 県感染症対策・薬務課の星名秋彦課長は「新潟、長岡、小千谷の3市の飲食店に対する、営業時間の短縮要請の効果などにより患者数は減少傾向に入った」と述べた。一方で、新学期が始まり若年層の人流が増えることで再び増加に転じる懸念があると強調した。

 3日の感染者の内訳は次の通り。

【市町村】新潟市24人(中央区、北区各5人、東区4人、西区、秋葉区各3人、江南区2人、南区、市内滞在中各1人)、五泉市と魚沼市が各3人、三条市2人、長岡市、上越市、小千谷市、燕市滞在が各1人、三条保健所管内(市町村非公表)が3人。

【年代】10歳未満3人、10代5人、20代3人、30代10人、40代7人、50代5人、60代2人、70代3人、80代1人。