女子100メートル自由形(視覚障害S11)決勝 8位と健闘した石浦智美=東京アクアティクスセンター(写真映像部・立川悠平撮影)
女子100メートル自由形(視覚障害S11)決勝 8位と健闘した石浦智美=東京アクアティクスセンター(写真映像部・立川悠平撮影)

 東京パラリンピック第11日(3日)競泳の男子100メートルバタフライ(視覚障害S11)は木村敬一(東京ガス)が4度目の出場で初めて頂点に立ち、富田宇宙(日体大大学院)は銀メダルだった。県勢では、競泳女子100メートル自由形(視覚障害S11)で石浦智美(伊藤忠丸紅鉄鋼・上越市出身)が、1分13秒80で8位と健闘。石浦はリレーを含めた出場全3種目で入賞を果たした。

          ◇       …

残り520文字(全文:729文字)