三条市下田地区で地元住民が演じ、約200年続いた地芝居「中浦歌舞伎」の資料が今夏、市有形民俗文化財に指定された。

 地芝居という言葉は、なんとも懐かしい。以前勤務していた南魚沼市には、塩沢と五十沢の2地区に歌舞伎保存会があり、地元の子どもたちが参加して祭りで上演するなどしていた。

 また、同市六日町の地主・今成家19代当主が幕末から明治にかけて撮影した写真には地芝居を写したものが多くあり、興味深く見…

残り390文字(全文:607文字)