大きなニュースが飛び込んでくると「号外」を発行する。

 新聞には創刊以来の通し番号が付いているが、番号を付けずに出すことから、号外と呼ばれるようになったといわれる。

 ことしの夏は東京五輪、パラリンピック関連で9回も号外を発行した。日本選手、県勢選手のメダルラッシュが続き、製作を担う整理部は大忙しだった。

 東京五輪では競泳女子個人メドレーの大橋悠依選手が2冠を達成した。「エース大橋金」の見出しの「金…

残り364文字(全文:589文字)