自民党総裁選挙の告示を前に、新潟日報社は新潟県関係の自民党国会議員7人を対象に総裁選での投票意向に関するアンケートを行った。投票予定先は、具体名を挙げた5人のうち2人が河野太郎行政改革担当相、2人が高市早苗前総務相、1人が岸田文雄前政調会長だった。菅義偉首相に支持が集中した昨年の前回総裁選時と異なり、立候補を表明した3氏に割れる形となった。

 アンケートは、7人に対し、10~15日にファクスやメー…

残り652文字(全文:861文字)