釣り人を太公望(たいこうぼう)というのは、中国の故事に由来する。釣りをしていた呂尚(りょしょう)に出会った周王は「あなたこそ太公(先君)の待ち望んだ賢者だ」と軍師に迎えた。

 呂尚は軍師のポストを釣り上げたわけだが、釣り人は昔も今も1匹でも多く大物を獲たいと願って釣り糸を垂れる。

 釣果を紹介する「太公望だより」を毎週金曜日の本紙に掲載しているが、昭和40年代の夕刊には釣り人が顔写真付きで登場する「…

残り400文字(全文:617文字)