台風14号は16日、東シナ海をゆっくりと北上した。17日から18日にかけて本州を横断し、新潟県には18日午後にかけて最接近する見込み。19日には温帯低気圧に変わり太平洋へ抜けるとみられる。

 新潟地方気象台によると、18日午後6時までに予想される24時間降水量は、多いところで全県で50~100ミリ。台風の進路によって、18日は警報級の大雨となる恐れがある。

 18日は下越と佐渡で風が強まる可能性があり、陸上で最大風速が14メートルと予想される。気象台は土砂災害や河川の増水、農作物の管理に注意を呼び掛けている。