9月は世界小児がん啓発月間。ワタル・W・ストウ(1912~81年)の人生を考えた。ルーツが福島の日系2世米国人。日本では無名に近いが、米医学界では「小児がん治療のパイオニア」として知られている。

 日米開戦による日系人差別に苦しみつつ米国内の大学を卒業し、小児科医となった。戦後は広島や長崎を回った。原爆を投下した側の機関として忌まわしく思う日本人も多い米国のABCC(原爆傷害調査委員会)が勤務先だ…

残り406文字(全文:615文字)