飛び込みの日本選手権、男子1メートル板飛び込みで4連覇を達成した荒木宥図(NSP・帝京長岡高出)
飛び込みの日本選手権、男子1メートル板飛び込みで4連覇を達成した荒木宥図(NSP・帝京長岡高出)

 飛び込みの日本選手権第1日は17日、栃木県総合運動公園屋内水泳場で行われ、男子1メートル板飛び込みで、新潟県の帝京長岡高出の荒木宥図(NSP)が335・20点で優勝。同種目は2年ぶりの実施で、荒木は2017~19年度大会に続き4連覇を達成した。藤田優(長岡DC・新潟高)が6位に入った。

 男子3メートルシンクロ板飛び込みは東京五輪に出場した寺内健・坂井丞(ミキハウス)組が優勝し、須山晴貴(栃木県ス…

残り103文字(全文:312文字)