県森林組合連合会が運営する木材市場。本県ではウッドショックによる高値が収束しつつある=新潟市西区
県森林組合連合会が運営する木材市場。本県ではウッドショックによる高値が収束しつつある=新潟市西区

 新型コロナウイルスの流行に伴う世界的な木材価格の高騰「ウッドショック」を機に新潟県の林業の課題が浮き彫りになっている。県産材の需要が高まっているが、「川上」と呼ばれる森林伐採業者から木の供給が滞っている。国産材の価格低迷が長く続いたことで伐採業者の担い手が不足しているためだ。木材を加工する製材工場も小規模なものが多く、増産に対応できていない。県産材を売り込む好機を捉えきれず、県は林政の見直しを迫…

残り1334文字(全文:1535文字)