自宅療養者を支援するための食料品や日用品の積み込み作業=24日、長岡市中之島の原信ナルス中之島DC
自宅療養者を支援するための食料品や日用品の積み込み作業=24日、長岡市中之島の原信ナルス中之島DC

 新型コロナウイルスに感染し、自宅で療養する人に食料品などを配送する事業に向け、新潟県は24日、長岡市中之島のスーパーの物流拠点で発送の準備を始めた。27日から申し込みを受け付け、希望者に1週間分の食事などを無償で届ける。

 対象は自力での食料調達が困難で、周囲の支援も受けられない人。自宅療養者への食料支援は県として初の試みとなる。

 物資は県の栄養士が選んだ米や野菜ジュース、レトルトのおかずなどがセットになっている。消毒液やティッシュといった日用品も一緒に詰める。申し込みは、県が自宅療養者に案内するホームページで受け付ける。

 24日は、スーパーの原信などを展開するアクシアルリテイリング(長岡市)の物流拠点「原信ナルス中之島DC」で、初回の300セット分に当たる段ボール約千箱が大型トラック2台に積み込まれ、運送業者の倉庫に運ばれた。27日以降、療養者の自宅に配送する。

 事業はウイルス禍の収束まで続ける予定。県医療調整本部の山崎雅幸・子ども家庭課課長補佐は「栄養を取って安心して療養していただくため、一日でも早く届けたい」と話した。