10月2日にオープンするラポルテ五泉=五泉市赤海
10月2日にオープンするラポルテ五泉=五泉市赤海

 新潟県五泉市赤海の大型複合施設「ラポルテ五泉」が10月2日、オープンする。地物野菜や市特産のニット製品が並ぶ販売スペースが常設されるほか、子どもの遊び場なども備える。2、3両日には市民らが参加してオープニングイベントが開かれ=表参照=、開館に彩りを添える。施設関係者は「幅広い年代の方々にたくさん足を運んでもらいたい」と期待する。

 ラポルテ五泉は磐越道安田インターチェンジから約5キロの県道沿いにあり、ボタンの名所「東公園」に隣接。市は交流人口の拡大などを目指し、2019年に着工した。ラポルテの「ポルテ」はフランス・イタリア語圏で「扉」「門」を意味し、「市の発展に向け新たな扉が開かれる拠点になってほしい」との願いが込められている。

 施設は、500席の多目的ホールを備えた生涯学習エリア、特産物の展示販売や軽食を提供する産業振興エリア、子どもの遊び場などを設ける共用エリアに分かれている。床面積は約3700平方メートルで、総事業費は約36億円の見込み。

 2日は午前8時半から伊藤勝美市長らがテープカット、9時から記念式典を開き、10時にグランドオープンする。2、3両日にわたり多くのイベントが開かれる。2日は市内の中高生による吹奏楽、3日は五泉市出身の二瓶兄弟がピアノ演奏を披露する。2日間を通し、大道芸やキッチンカーの軽食を楽しめる。

 曽田伸美館長(61)は「スタッフや地元の方々の支えがあってここまで来られた。地域と共に成長し、多くの人に愛される施設に育てていきたい」と語った。

 開館時間は午前9時~午後10時(2日は午前10時~午後6時、3日は午前9時~午後6時)。問い合わせはラポルテ五泉、0250(41)1612。イベントに関する問い合わせは五泉市生涯学習課、0250(42)5195。