(左から)星野曹樹、大矢孝太朗、木村圭吾
(左から)星野曹樹、大矢孝太朗、木村圭吾

 バスケットボール男子のBリーグが6季目を迎え、B1東地区の新潟アルビレックスBBは2、3の両日、アオーレ長岡で西地区の京都と開幕カードを戦う。昨季はB1東地区9位、全体17位と低迷。球団不祥事にも揺れ、ブースター(ファン)の信頼を失った。今季は平岡監督が7季ぶりに復帰し、選手も7人が加入して陣容が刷新。目指すは2018~19年シーズン以来のチャンピオンシップ(CS)進出だ。どん底からはい上がろう…

残り1465文字(全文:1666文字)