多くの人々でにぎわう販売スペース=2日、五泉市
多くの人々でにぎわう販売スペース=2日、五泉市

 新潟県五泉市赤海の複合施設「ラポルテ五泉」が2日、オープンした。秋晴れの下、この日を心待ちにしていた多くの市民らが列をつくり、館内はにぎわった。

 ラポルテ五泉は市が交流人口の拡大などを狙い、2019年に着工。施設内は多目的ホールを備えた生涯学習エリア、特産物の展示販売や軽食を提供する産業振興エリア、子どもの遊び場などを設ける共用エリアに分かれている。延べ床面積は約3700平方メートル。

 伊藤勝美市長らによるテープカットの後、記念式典が開かれた。午前10時の開館に合わせてくす玉が割られると、市民らから大きな拍手が湧き起こった。入場した人々は、地物野菜が並ぶ販売コーナーや子どもの遊び場など、それぞれお目当ての場所で楽しんだ。

 友人と2人で訪れた市内の無職女性(75)は「木の温かみがあり、あちこちに五泉の魅力がちりばめられていてすてき。多くの人に訪れてもらえるよう、いろいろな催しを開いてほしい」と笑顔だった。