東京五輪を振り返る小出。「柏崎というまちがあったから私は五輪に出られた。いろいろな人と交流し、成長して代表になれた」と感謝した=柏崎市
東京五輪を振り返る小出。「柏崎というまちがあったから私は五輪に出られた。いろいろな人と交流し、成長して代表になれた」と感謝した=柏崎市

 東京五輪水球女子日本代表の小出未来(ブルボンウォーターポロクラブ柏崎)が4日までに、新潟日報社のインタビューに応じた。「最大限できた。後悔はない」と五輪を振り返る一方、出場時間が限られたことに「不完全燃焼の思いもある」と複雑な心境を明かした。次のパリ五輪は目標とせず、海外のクラブでのプレーを目指す意向も明らかにした。

 五輪初出場の女子日本代表は4戦全敗。小出はフローターとして、初戦の米国戦でチー…

残り556文字(全文:765文字)