岸田政権の発足を受け、会見する横田早紀江さん=4日、川崎市(代表撮影)
岸田政権の発足を受け、会見する横田早紀江さん=4日、川崎市(代表撮影)
伊豆見元氏

 「意気込みが感じられない」。4日に就任した松野博一官房長官が拉致問題担当相を兼務する新内閣の陣容について、北朝鮮による拉致被害者家族らからは落胆の声が漏れた。

 新潟市で北朝鮮に拉致された横田めぐみさん=失踪当時(13)=の母早紀江さん(85)は川崎市で報道陣の取材に応じ、近年の担当大臣と異なり、松野氏は面識がないと明かした。拉致問題担当相が専任ではなかったことについて、「専門でやってくれる人がいたら、と思うとさみしい」と嘆いた。

 めぐみさんは5日、57歳になる。弟の拓也さん(53)は「拉致問題を最重要課題として捉え、官房長官にはリーダーシップを取ってもらいたい」と松野氏に求めた。岸田文雄首相には早期に面会し、解決を求めたいとした。

 拉致被害者家族会代表で田口八重子さん=同(22)=の兄飯塚繁雄さん(83)は、兼任の拉致担当相について「片手間でやれる雰囲気だが、そんなことじゃだめだ」と訴えた。

 柏崎市の拉致被害者で新潟産業大准教授の蓮池薫さん(64)は市を通じてコメントを発表し、拉致問題の進展に向け「米国だけでなく、北朝鮮に影響力のある中国やロシアを積極的に取り込むことが重要だ」と新政権に求めた。

 佐渡市の拉致被害者、曽我ひとみさん(62)も「親世代のタイムリミット、拉致被害者の生活環境の悪化などを考えると、今すぐにでも行動してほしい」とのコメントを出した。

 北朝鮮に拉致された可能性を排除できない長岡市の特定失踪者、中村三奈子さん=同(18)=の母クニさん(78)は「特技は人の話をよく聞くことと言ったリーダーの力で、何か手掛かりを見つけてほしい」と話した。

◆対北朝鮮、優先度高くない 本紙特別編集委員・伊豆見元氏

 4日に発足した岸田内閣では、拉致問題担当相を松野博一官房長官が担う。松野長官の拉致問題に関する手腕は未知数だが、新内閣による問題解決に向けた取り組みはどうなるのか。本紙特別編集委員で東京国際大の伊豆見元・特命教授に聞いた。

 拉致問題担当相は前政権に引き続き官房長官が兼務する。また、外相と防衛相は再任となった点からみると、外交防衛に関しては菅政権の政策基調を継続することになるだろう。

 岸田政権が総裁任期通り3年続くと考えた場合に、残念ながら日朝関係、拉致問題の優先順位が高いとは言えない。中国とどう向き合うか、米国との同盟関係をどうするかといった大きな課題があるからだ。

 ただ、政権がその気になれば、日朝関係が動く可能性はある。一つは、2014年に北朝鮮が拉致問題の再調査を約束したが、その後に調査が中断された「ストックホルム合意」の再稼働だ。もう一つは02年の日朝平壌宣言に基づき国交正常化を進めようと呼び掛けることだ。どちらも北朝鮮が乗ってくる可能性はある。

 しかし、いずれも安倍晋三元首相の約7年半の長期政権でもできなかった。それを果たして岸田氏ができるだろうか。仮に岸田氏が拉致問題は最重要課題だと言ったところで、日本国内で日朝関係、拉致問題の優先順位が上がらない限り、事態は動かないだろう。