4日に発足した岸田文雄内閣から、拉致問題の解決に対する熱意が伝わってこない。

 外相経験のある岸田首相は困難さを実感しているからか、会見では日朝首脳会談実現に向けたメッセージは従来の文言を踏襲した。

 拉致問題担当相を兼務する松野博一官房長官については、救出運動の関係者でも「知らない人」という意外な人選だった。

 早くから拉致問題に取り組んでいた安倍晋三元首相や菅義偉前首相の政権に比べ、トーンダウンし…

残り368文字(全文:593文字)