21日に開幕する寛仁親王牌について「有観客のレースは盛り上がるし、やりがいがある」と語る諸橋愛選手=弥彦村弥彦の弥彦競輪場
21日に開幕する寛仁親王牌について「有観客のレースは盛り上がるし、やりがいがある」と語る諸橋愛選手=弥彦村弥彦の弥彦競輪場

 新潟県弥彦村の弥彦競輪場で21日から4日間、国内最高峰レースの一つ、「第30回寛仁(ともひと)親王牌・世界選手権記念トーナメント」が開催される。村内開催は6年ぶり。活躍が注目される燕市出身の諸橋愛(めぐむ)選手(44)は「しっかりと結果を出したい」と意気込みを披露し、東京五輪に出場した選手らも登場する同大会について「スピード感ある、力強い勝負が期待できる」とアピールした。

 寛仁親王牌は競輪界の最…

残り717文字(全文:926文字)