「地域の会」に初めて出席した東京電力柏崎刈羽原発の稲垣武之所長(左から2人目)=6日、柏崎市荒浜1
「地域の会」に初めて出席した東京電力柏崎刈羽原発の稲垣武之所長(左から2人目)=6日、柏崎市荒浜1

 東京電力柏崎刈羽原発の安全性について地元住民が議論する「原発の透明性を確保する地域の会」の定例会が6日、新潟県柏崎市で開かれた。1日付で同原発の所長に就いた稲垣武之氏が初めて出席し、核物質防護体制の不備や安全対策工事の未完了など一連の問題について、「地域や社会に不安と不信を抱かせていることを改めておわび申し上げる」と陳謝した。

 柏崎刈羽原発では今年、運転員による同僚のIDカードを使った中央制御室への不正入室や、テロ防止に関わる侵入検知設備が機能を喪失していたことが判明した。完了としていた安全対策工事の漏れなども発覚している。

 稲垣所長は地域の会の席上、「求められている基本的な仕事を適切にこなす状態に戻すことが必要で、喫緊の課題だ。安心と信頼をいただけるよう改革を進める」と話した。

 質疑では、同原発7号機の火災感知器の不適切設置などについて、委員から東電に対し、厳しい意見も出た。