新潟県と新潟市は8日、県内で新たに8人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。このうち感染経路不明者は2人。県内の感染者は7939人となった。

 クラスター(感染者集団)関連では、県内の複数の事業所が開いた飲食を伴う会合で新たに2人の感染が分かり、計24人となった。新潟市内の保育施設関連で1人判明し、計14人となった。

 県は、自宅療養患者に対する、市町村の生活支援の実施状況を公表。8日までに8市町(三条市、新発田市、見附市、村上市、燕市、五泉市、魚沼市、聖籠町)が、県の食料品配送事業に上乗せする形で、独自サービスを始めたという。

 県感染症対策・薬務課の星名秋彦課長は「次の流行に備え、行政による支援を強化する必要がある。各市町村には、地域の実情に応じた生活支援策を検討してほしい」と話した。

 8日の感染者は次の通り。

【市町村】新潟市4人(中央区2人、西区、江南区各1人)、十日町市3人、上越市1人。

【年代】10歳未満1人、10代1人、20代1人、30代1人、40代4人。