新潟県上越市は11日、同市の上越総合病院に開設されていた新型コロナウイルスの大規模ワクチン接種センターで、市内50代男性に誤って1回目と2回目で異なる種類のワクチンを接種するミスが9日に起きたと発表した。男性の接種記録を市職員が見落としたのが原因。男性に健康被害は確認されていないという。

 上越市でのワクチン誤接種は3回目。上越市健康子育て部の大山仁部長は「本人をはじめ市民に不安を与えて申し訳ない。チェック体制をさらに強化して再発防止に努める」と話した。

 大規模ワクチン接種センターは県と上越市が運営。上越総合病院では日によって異なる種類のワクチンを使用している。男性は8月22日、米ファイザー製で1回目の接種を終えたが、10月9日の2回目は米モデルナ製を接種された。

 男性の接種記録には1回目にファイザー製を打ったことを証明するシールが貼られていたが市職員が見落とし、2回目の接種記録のシールを貼る際にミスに気付いた。

 市は男性に謝罪し、接種当日と11日に健康観察を行い、異常がないと判断した。男性には今後、異常が生じれば市に連絡するよう伝えたという。

 上越市では9月にも同様の誤接種が起き、7月には接種対象年齢に達していない11歳の児童に誤ってワクチンを接種していた。