北朝鮮による拉致被害者の家族会と支援組織「救う会」は11日、立憲民主党の生方幸夫衆院議員が会合で拉致被害者に関して「今は生存者はいない」などと発言したとして抗議声明を発表した。生方氏は自身のツイッターに「発言を撤回するとともに、拉致被害者の家族、関係者の皆さまにおわび申し上げる」と投稿し、謝罪した。

 立民拉致問題対策本部長の森裕子参院議員(新潟選挙区)は福山哲郎幹事長と連名で「発言は党としての考え方と全く相いれない」とする緊急声明を出した。立民は生方氏に厳重注意したと発表。枝野幸男代表は「拉致被害者の家族らの心を傷つけるもので、断じて許されるものではない。深くおわび申し上げる」と国会内で記者団に述べた。

 抗議声明は、家族会代表の飯塚繁雄さんと、救う会の西岡力会長の連名。声明によると、生方氏は9月23日に千葉県松戸市での会合で「日本から連れ去られた拉致被害者というのは、もう生きている人はいない」などと述べたという。

 松野博一官房長官は11日の記者会見で、生方氏の発言について「政府の立場と相いれず、誠に遺憾だ」と述べた。その上で「政府としては、全ての拉致被害者が生存しているとの前提に立ち、一日も早い帰国実現に向け全力を挙げて取り組む」と強調した。