ブルボンKZの選手を激励した壮行会=11日、柏崎市
ブルボンKZの選手を激励した壮行会=11日、柏崎市

 29~31日に千葉県で開かれる水球の日本選手権に向け、新潟県柏崎市の水球チーム、ブルボンウォーターポロクラブ柏崎(ブルボンKZ)の壮行会が11日、柏崎市文化会館アルフォーレで開かれた。市民ら約300人を前に、選手たちが活躍を誓った。

 ブルボンKZ男子は、昨年の日本選手権では2年連続の準優勝だった。東京五輪で活躍した志水祐介、棚村克行、稲場悠介の3選手を中心に、3年ぶりの日本一奪還を目指す。

 林和希主将は「昨年に比べて全員のレベルが上がっており、状態は良い。必ず優勝して柏崎に帰ってきたい」と決意を述べた。

 ブルボンKZ女子は昨年、3年連続の4位だった。東京五輪代表の小出未来選手を中心に、初の決勝進出と優勝を狙う。出場権を懸け、16~18日に静岡県で開かれる最終予選会に出場する。

 梅村香穂主将は「昨年惜しくもメダルを逃してしまった悔しさを胸に、ブルボンKZらしく全力で戦う」と抱負を語った。

 男子の新潟産業大、柏崎アクアクラブも最終予選会に出場する。