高岡商-日本文理 日本文理4回2死二、三塁、井口が適時打を放ち3-0=県営上田野球場(写真映像部・中里一也撮影)
高岡商-日本文理 日本文理4回2死二、三塁、井口が適時打を放ち3-0=県営上田野球場(写真映像部・中里一也撮影)

 来春のセンバツ甲子園につながる第145回北信越高校野球大会が16日、長野県で開幕し、県営上田野球場などで1回戦8試合を行った。

 日本文理(新潟2位)は高岡商(富山2位)に4-2で快勝し、準々決勝に進出。北越(新潟1位)は長野日大(長野4位)を13-3の五回コールドゲームで下した。帝京長岡(新潟3位)は松商学園(長野1位)に2-3で競り負けた。

 日本文理は五回までに4点を先行して主導権を握ると、村…

残り679文字(全文:896文字)