敦賀気比-北越 3回1死一、二塁のピンチでマウンドに集まる北越ナイン=松本市野球場(写真映像部・中里一也撮影)
敦賀気比-北越 3回1死一、二塁のピンチでマウンドに集まる北越ナイン=松本市野球場(写真映像部・中里一也撮影)

 [敦賀気比10-2北越]自信を持って挑んだ左腕3人も、爆発力のある打線も、甲子園常連校、敦賀気比を前に鳴りを潜めた。北越(新潟1位)の先発したエース山倉大武は「今の実力では抑えられないと感じた。打撃でも、もっと打てる球があった」と悔しさをにじませた。

 「何を投げても捉えられてしまった」と山倉。二回に2ランを浴びると、三回には連打を許しマウンドを降りた。2番手西潟晴斗も制球に苦しみ、流れを変えられ…

残り227文字(全文:436文字)