山頂が真っ白く雪化粧した北アルプスの雪倉岳(中央)。右端の雲がかかっている山が朝日岳=18日、糸魚川市蓮華温泉近くの夢見平
山頂が真っ白く雪化粧した北アルプスの雪倉岳(中央)。右端の雲がかかっている山が朝日岳=18日、糸魚川市蓮華温泉近くの夢見平

 冬型の気圧配置が強まり、新潟県内各地で冷え込んだ18日朝、糸魚川市と富山県境に連なる雪倉岳(2611メートル)や朝日岳(2418メートル)が雪化粧した。中腹から山裾に広がる紅葉と見事に共演し、朝日を浴びた峰々が青空によく映えた。

 糸魚川市の北アルプスの登山基地、蓮華温泉ロッジによると、18日午前6時の気温は1度前後。一般営業最終日となった17日夕方から雪がちらつき、一晩で1センチほど積もったという。

 人けがなくなった露天風呂周辺は一面銀世界。早朝から撮影に訪れた山岳写真家の菊池哲男さん(60)=東京都=は「アルプスの冠雪と紅葉のコントラストが見事。これだけきれいな景色はなかなか見られない」と話した。

動画