ミニゲームで守備をするDF浦川(左)=聖籠町
ミニゲームで守備をするDF浦川(左)=聖籠町

 WEリーグのアルビレックス新潟レディースは19日、新潟県聖籠町でオフ明けの練習を公開した。3失点で黒星を喫した前節のマイナビ仙台戦がリーグ戦初先発だったDF浦川は「課題は全部です」と受け止め、悔しさをばねに練習に打ち込んでいた。

 センターバックとして90分間ピッチに立った。後半36分の3失点目は自身のクリアミスが相手に渡って起きた。初めてスタメンに選ばれた喜びと、大きな失敗をした悔しさが混在する…

残り148文字(全文:357文字)