「人はパンのみにて生きるにあらず」という聖書の言葉がある。精神的な充足は人が豊かに生きる上で欠かせない。読書はそれを得る手段の一つだと思う。

 お金をかけずに誰もが利用できる文化的施設に公共図書館がある。だが、財政難のためにその予算は縮小されがちだ。

 指定管理者制度の導入の是非も検討されている県立図書館が気になって、予算を見てみた。

 図書購入などに充てる資料費は本年度、3171万円だ。北信越の県立…

残り371文字(全文:596文字)